paintdeath:

Motohiko Odani

paintdeath:

Motohiko Odani

(via v0nvamp)


stem-cell:

rosalarian:

pourquoi-nutmeg:

nortonism:

The thing about this is that sculptures like these in art history were for the male gaze. Photoshop a phone to it and suddenly she’s seen as vain and conceited. That’s why I’m 100% for selfie culture because apparently men can gawk at women but when we realize how beautiful we are we’re suddenly full of ourselves…

YES.

Girls don’t let anyone tell you loving yourself is vanity.

“You painted a naked woman because you enjoyed looking at her, put a mirror in her hand and you called the painting “Vanity,” thus morally condemning the woman whose nakedness you had depicted for you own pleasure.” ― John Berger, Ways of Seeing

stem-cell:

rosalarian:

pourquoi-nutmeg:

nortonism:

The thing about this is that sculptures like these in art history were for the male gaze. Photoshop a phone to it and suddenly she’s seen as vain and conceited. That’s why I’m 100% for selfie culture because apparently men can gawk at women but when we realize how beautiful we are we’re suddenly full of ourselves…

YES.

Girls don’t let anyone tell you loving yourself is vanity.

“You painted a naked woman because you enjoyed looking at her, put a mirror in her hand and you called the painting “Vanity,” thus morally condemning the woman whose nakedness you had depicted for you own pleasure.” ― John Berger, Ways of Seeing

(Source: nevver, via goetia)


poisoned-apple:

- Illustrations by Junichi Nakahara (1913-1983) -

(via porcelainsong)


le-rococo-en-versailles:

Colonna Palace, Rome.

le-rococo-en-versailles:

Colonna Palace, Rome.

(via 13thmoon)


(via 13thmoon)


gshegs:

御使い
かすかに、その羽音が聞こえた気がした。
—-2013
【御使いのかたち。お迎えのかたち。】
聖人が生まれるとき、御使いがくる。人が亡くなるとき、お迎えが来る。
生も死も人生一大イベントです。だって人生に絶対1回しかないから。
生まれるときに天から御使いが来る人はほとんどいないでしょう。聖人が生まれるときには天上の音楽と色彩をまとってやってくるといいますが、大半のひとは聖人じゃないし、まず本人は覚えていないでしょう。(でも聖人は聖人なだけに覚えているのかも。)
でも、ほとんどの人にお迎えはくるんじゃないかな。この世から去るときに、天はお迎えを遣わせてくれるという「優しさ」を信じることは、きっと赦されるんじゃないかな。
そこまで世界は冷たくないんじゃないかな。

gshegs:

御使い

かすかに、その羽音が聞こえた気がした。

—-2013

【御使いのかたち。お迎えのかたち。】

聖人が生まれるとき、御使いがくる。人が亡くなるとき、お迎えが来る。

生も死も人生一大イベントです。だって人生に絶対1回しかないから。

生まれるときに天から御使いが来る人はほとんどいないでしょう。聖人が生まれるときには天上の音楽と色彩をまとってやってくるといいますが、大半のひとは聖人じゃないし、まず本人は覚えていないでしょう。(でも聖人は聖人なだけに覚えているのかも。)

でも、ほとんどの人にお迎えはくるんじゃないかな。この世から去るときに、天はお迎えを遣わせてくれるという「優しさ」を信じることは、きっと赦されるんじゃないかな。

そこまで世界は冷たくないんじゃないかな。

(via anaphrodisiacs)


floralls:

(by Sarah Ryhanen)

(via qtpatoot)


(Source: awwww-cute, via ghostavalanche)


(Source: coolasacalliope, via thelionstirs)